酵素を補給する理由

体内酵素だけでは足りない

体内にも酵素は存在しています。しかし、それらは役割を果たすと排出されますので、食物によって補う必要性があるのです。酵素には、代謝と賞顔役割に分かれています。酵素が失われる原因としては、アルコールの摂取や人工添加物の摂取、動物性のタンパク質の鶏過ぎなどがあげられます。

補給するのに良いものとして、消化酵素であれば、大根おろしやキウイ、バナナなどが有ります。これらを使用した単品ダイエットには、劇的な効果はないのですが、一理あるということになりますね。風邪などで体調を崩すと食欲はなくなりませんか。

これは消化酵素の使用を節約することによって、自然治癒力を上げるために起こっている身体の現象なのです。

体内酵素が不足すると

酵素が不足すると、どのような事態になるのでしょう。人間は生まれつき体内酵素を持っています一定量しか体内で作ることは出来ないので、それらを補給するのに食事に大きな意味があるのです。体内酵素は、足りなくなってくると栄養の吸収が十分になされません。

これは消化酵素によって食物が十分に分解されないことによって起こることです。その他に、分解がされないと身体の中に老廃物が残る率も上がっていきますし、ホルモンのバランスまで乱れます。ホルモンに乱れがでると、免疫作用や治癒力も衰えてきますので、健康を維持していくことが困難になるのです。このような理由から酵素は人間の生活に欠かせないものなのです。


Copyright (C) 2013-2014 健康美人無料お試しはこちら〜話題の酵素青汁111選 All Rights Reserved.